FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.26.Wed.15:34
東証大引け、小幅反落 24円安の1万7383円、高値への警戒感強く

26日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに小幅反落した。終値は前日比24円04銭(0.14%)安い1万7383円58銭だった。外国為替市場で円相場が前日夕時点に比べやや円高・ドル安水準となり、円安基調が一服。日経平均は年初来高値圏で推移しており、高値警戒感から利益確定売りが優勢だった。ただ下値では押し目買いも入り下げ渋った。朝方に前日比71円安まで下げる場面があったが、午前の取引終了にかけて下げ幅を縮小。買い安心感が広がり後場には一時、同24円高まで上昇した。ただ買いが続かず、再び売りがかさんだ。市場では「1万7400円近辺で値固めしており、先高期待は強い」との声が聞かれた。JPX日経インデックス400は6営業日ぶりに反落した。終値は前日比32.63ポイント(0.25%)安の1万2816.64。東証株価指数(TOPIX)も6営業日ぶりに反落し、前日比2.75ポイント(0.20%)安の1406.40で引けた。東証1部の売買代金は概算で2兆2994億円。売買高は22億1184万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は824、値上がりは857、変わらずは152だった。業種別TOPIXでは鉱業や不動産業の下げが目立った。トヨタ、ホンダやソニーが下げた。三井不、菱地所や住友不が下落した。半面、ソフトバンクやマツダ、NTTが上昇した。三井物や日産自、クボタが上げた。東証2部株価指数は6日続伸し、連日で年初来高値を更新した。07年7月以来、7年4カ月ぶりの高値を付けた。ラオックス、ソディックや田淵電が上げた。音通、DNAチップや象印が下げた。



新興株26日、ジャスダック続伸 新規上場銘柄や好業績銘柄が堅調

26日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。この日の終値は前日比6円50銭(0.28%)高の2355円77銭だった。買い材料不足から主力株が軟調に推移する中、値動きの軽い直近上場銘柄や、好業績銘柄に買いが集まった。前日に施行された再生医療関連法を追い風にバイオ関連株も買われた。ジャスダック市場の売買代金は概算で692億円、売買高は1億3466万株。主力銘柄で構成するJASDAQ-TOP20は反落した。テックファムやブロメディア、リプロセルが買われた。半面、アサカ理研や日本マイクロは売られた。東証マザーズ指数は続伸した。大引け時点は前日比15.05ポイント(1.58%)高の968.18だった。OTSやメディネット、フィンテックが上昇した。モルフォやミクシィは下落した。きょう名証セントレックスに新規上場した日本PCは午前に公募・売り出し(公開価格、480円)を68%上回る805円で初値を付けた後急伸し、制限値幅の上限(ストップ高水準)となる955円で買い気配となったまま取引を終えた。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。