FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.06.Wed.16:24
スクエニが良い数字を出してきたようです。明日はゲーム関連が賑わうのかな?


東証大引け、5日続落 ソフトバンク安や先物売りで1カ月半ぶり安値

6日の東京株式市場で日経平均株価は5日続落した。終値は前日比160円52銭(1.05%)安い1万5159円79銭で、6月27日以来約1カ月半ぶりの安値だった。下げ幅が2日連続で100円を超えたのは5月15~16日以来。5日の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅安となり投資家心理が悪化。朝方に米携帯電話3位のスプリントが同4位のTモバイルUSの買収を断念したと報じられ、スプリント親会社のソフトバンクが大幅安となったことも重荷だった。8日に株価指数先物・オプションなどの特別清算指数(SQ)算出を控えていることや、外国為替市場で円相場がやや円高・ユーロ安基調となったことが株価指数先物への売りを招いた面もある。半面、押し目買いが下値を支えた。市場では「下落局面では日銀による上場投資信託(ETF)購入や年金資金の買いが入るとの期待から買いが入った」(投資助言会社ケイ・アセットの平野憲一代表)との声があった。相場の買われすぎ・売られすぎを示す指標の騰落レシオ(東証1部、25日移動平均)は5日時点で89.51%まで下がり約2カ月半ぶりの低水準となった。相場の過熱感が解消し、下値で買いを入れやすくなった投資家も増えたとみられる。騰落レシオは6日終値時点で80.96%に下落した。JPX日経インデックス400も5日続落。前日比103.69ポイント(0.90%)安の1万1395.80だった。東証株価指数(TOPIX)も5日続落し12.24ポイント(0.97%)安の1251.29だった。東証1部の売買代金は概算で2兆357億円で、売買高は21億1958万株。東証1部の値下がり銘柄数は全体の8割にあたる1476、値上がり銘柄数は265、変わらずは76だった。業種別TOPIXは全33業種中32業種が下落した。今週は企業の4~6月期決算発表の後半のピークで、業績の内容によって株価の明暗が分かれた。2015年3月期通期の連結最終損益が従来予想から一転して赤字になる見通しと発表した大平金が急落し、前日比16%安。半面、4~6月期連結決算で純利益が同期として過去最高になったクボタは一時12%上昇し、15年3月期通期の業績見通しを上方修正したスクリンも同13%高を付けた。トヨタは4~6月期の連結税引き前利益が前年同期比7%増の7718億円と過去最高になったものの、相場全体の下落基調に押されて下げに転じて取引を終えた。東証2部株価指数は続落。田淵電やJトラスト、長野日無が下げた。半面、ソディックや価値開発、Oakが上げた。




新興株6日、ジャスダック1カ月ぶり安値 マザーズは2週間半ぶり安値

6日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続落。終値は前日比21円74銭(0.99%)安の2170円32銭と、7月10日(2169円20銭)以来およそ1カ月ぶりの安値で引けた。前日の米株やきょうの日経平均株価の下落で投資家心理が冷え込み、新興株市場でも直近上げていた銘柄を中心に利益確定売りが出た。市場では「ここ最近は新規株式公開(IPO)がなく物色対象が限られており、(指数は)値がさ株の値動きに影響されやすくなっている」(国内証券の新興市場担当者)との声があった。ジャスダック市場の売買代金は概算で1138億円、売買高は2億796万株。主力銘柄で構成するJASDAQ-TOP20は続落した。日本通信やガンホー、DWTIが下落した。一方、日本マイクロやブロッコリー、テックファムは上昇した。東証マザーズ指数も続落した。終値は前日比27.81ポイント(3.00%)低い898.65と心理的節目の900を割り込み、7月18日(894.19)以来2週間半ぶりの安値を付けた。ミクシィやサイバダイン、アスカネットが下落。一方でDMP、ペプドリ、UBICなどは上昇した。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。