FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.09.Fri.15:41
9日 景気動向指数速報 中国CPI
 9日は内閣府が3月の景気動向指数速報値を発表する。企業決算発表では、新日鐵住金(5401)、国際石油開発帝石(1605)が2014年3月期決算、ブリヂストン(5108)が、2014年1月―3月期決算など約560社が予定している。
海外では、4月の中国消費者物価指数(CPI)、中国工業生産者出荷価格指数(卸売物価指数、PPI)が発表予定だ、

【予定】(時間は日本時間、予定は変更される可能性がある)
▽8:50 4月上中旬の貿易統計(財務省)
▽10:20 6カ月物国庫短期証券〔451回債〕入札
▽14:00 3月の景気動向指数速報(内閣府)
▽その他 閣議
     株価指数オプションとミニ日経平均先物5月物の特別清算指数(SQ)算出
     3月期決算=国際石開帝石、大和ハウス、ディーエヌエ、帝人、旭化成、塩野義、コニカミノル、JX、新日鉄住金、住友鉱、古河電、住友電、日精工、ルネサス、日立造、三菱重、スズキ、富士重、オリンパス、丸紅、H2Oリテイ
     1~3月期決算=サッポロHD、ブリヂストン、旭硝子、マクドナルド
▽海外  4月の中国消費者物価指数(CPI)
     4月の中国工業生産者出荷価格指数(卸売物価指数、PPI)
     韓国中銀の金融通貨委員会の結果発表
     3月の米卸売在庫(23:00)
     3月の米卸売売上高(23:00)






今日の株価材料(新聞など・9日)、米ダウ続伸 32ドル高
▽8日のダウ、続伸 前日比32ドル高 新規失業保険申請件数の減少を好感
▽8日のNY円、1ドル=101円60~70銭 前日比25銭円高・ドル安

▽明治安田生命、6年ぶり増配 450万人対象 資産運用が改善 第一生命(8750)や住友生命も実施へ(日経)
▽トヨタ(7203)、前期純利益1.8兆円で6期ぶり最高益 今期も高水準を維持(各紙)
▽法人税率 3年で20%台 「骨太方針」焦点に 諮問会議の民間議員が提案へ(日経)
▽三菱UFJ(8306)、沖原会長退任 旧UFJ銀最後の頭取 後任に園氏(日経)
▽ウクライナ東部の親ロシア派、住民投票強行へ プーチン氏の延期要請拒む(日経)
▽欧州中銀、来月に追加緩和検討 「低インフレ容認せず」 金利据え置き(日経)
▽パソコン、増税後も好調 買い替えで前年上回る ビックカメラ(3048)は買い取りを延長(日経)
▽KDDI(9433)、買い物ポイントを通信料に 新電子マネーサービスで(日経)
▽マクドナルド(2702)、4月の既存店売上高は3.4%減(日経)
▽バンダイ、人気ゲーム「妖怪ウオッチ」のメダル増産 累計販売3000万目指す(日経)
▽ソニー(6758)、リストバンド型機器 睡眠などスマホに記録(日経)
▽ダイキン(6367)、井上CEOが来月退任 世界企業へ体制固め 脱カリスマ経営手探り(日経)
▽ダイキン、前期純利益は2.1倍 国内好調で6年ぶり最高益(日経)
▽家電量販3社、今期純利益は増益見通し 高機能品伸びる ヤマダ電(9831)は出店半減(日経)
▽NTTドコモ(9437)、第5世代通信を年内実験 容量「LTE」の1000倍 国内外6社と(日経)
▽独テレコム社長、Tモバイル株売却に慎重姿勢(日経)
▽東レ(3402)、炭素繊維の部品増産 タイ主力拠点の能力5倍に 福祉など用途開拓(日経)
▽ソニー、海外の電子書籍から撤退 楽天系が継承(日経)
▽シャープ(6753)、住宅向け蓄電池クラウドで制御(日経)
▽医療用医薬品市場、昨年度は初の10兆円超に(日経)
▽ホンダ(7267)、4月の中国販売は3%減 2カ月連続前年割れ(日経)
▽日揮(1963)、会長に佐藤CFO(日経)
▽セコム(9735)、社長に伊藤氏(日経)
▽東芝(6502)、会長に室町氏(日経)
▽Uアローズ(7606)、創業者の重松会長が退任(日経)
▽東芝、今期は25年ぶり営業益最高へ 3300億円 稼ぐ力の安定感増す(日経)
▽武田(4502)、今期純利益は2割減の850億円 新薬伸び営業増益(日経)
▽キーエンス(6861)、前期の純利益最高 859億円 工場向け機器伸びる(日経)
▽IHI(7013)、純利益最高に 今期6%増の350億円 資源・エネ分野が寄与(日経)
▽日清食HD(2897)、前期純利益2%増の192億円(日経)
▽ブラザー(6448)、前期純利益8%増の192億円(日経)
▽キヤノン(7751)、自社株買い500億円 今期合計1000億円(日経)
▽味の素(2802)、前期純利益12%減 原材料コスト膨らむ(日経)
▽GSユアサ(6674)、前期最終73%増益(日経)
▽ダイヘン(6622)、前期純利益37%増(日経)
▽三井金(5706)、今期純利益4.1倍に(日経)
▽OKI(6703)、今期は1円増の4円配(日経)
▽DOWA(5714)、今期純利益7%増の250億円(日経)
▽住友重(6302)、前期経常益6%増の330億円(日経)
▽ハウス食G(2810)、前期経常益18%減の109億円(日経)
▽三菱商(8058)、前期純利益24%増の4447億円 インフラや機械が好調 7年ぶりに自社株買い(日経)
▽菱地所(8802)、今期純利益7%減の600億円に 大型マンション販売増が一巡(日経)
▽東レ、今期純利益17%増の700億円に 3期ぶり最高更新 情報通信関連けん引(日経)
▽日通(9062)、今期の純利益14%増(日経)
▽楽天(4755)、1~3月営業益2%減の225億円 新規事業の赤字拡大 電子書籍や対話アプリ(日経)
▽オリックス(8591)、前期最終67%増益 リテール事業伸びる(日経)
▽セコム、前期純利益1割増の698億円 機械警備が好調(日経)
▽昭和シェル(5002)、1~3月は72%最終減益 石油事業の採算悪化(日経)
▽Uアローズ、今期純利益4%増の82億円に 4期連続最高(日経)
▽凸版(7911)、前期純利益11%増 スマホ向け部材好調(日経)
▽グリー(3632)、今期純利益11%減に 課金収入が低迷(日経)
▽AOIプロ(9607)、前期営業益3割増(日経)
▽カプコン(9697)、前期純利益16%増(日経)
▽ライオン(4912)、1~3月最終黒字23億円(日経)
▽ネット証券大手全社で増収増益(朝日)





東証大引け、続伸 35円高、トヨタ朝安後切り返しで買い安心感

9日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前日比35円81銭(0.25%)高い1万4199円59銭だった。トヨタが前日の取引時間終了後に発表した2015年3月期決算見通しは「保守的」との見方から売りが優勢になったがその後切り返したことで株式相場全体に買い安心感が広がった。ただ上値では利益確定売りも出て、取引終了にかけて上げ幅を縮小した。トヨタのほかにも後場に入り決算を発表した銘柄の中には大幅上昇する銘柄も多かった。2015年3月期の連結営業利益が前期比21%増の2500億円になるとの見通しを発表した三菱重は一時、前日比7%超上げた。同じく午後に決算発表した新日鉄住金も一時前日比2%超まで買われた。市場では「短期筋の売りが一巡したことで、買い材料が出た主力銘柄を物色する動きが出た」(楽天証券の土信田雅之シニアマーケットアナリスト)との声が聞かれた。また「7日の下落で相場格言の『セル・イン・メイ(株は5月に売れ)』は日本株については終わった可能性もある」(大和住銀投信投資顧問の門司総一郎チーフ・ストラテジスト)との見方も出ていた。JPX日経インデックス400は続伸。前日比53.69ポイント(0.51%)高の1万610.37だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、前日比5.50ポイント(0.47%)高の1165.51だった。東証1部の売買代金は概算で1兆8820億円、売買高は19億4539万株。東証1部の値上がり銘柄数は1053、値下がり銘柄数は608、変わらずは149だった。トヨタや三菱重のほかにも、東芝やオリックス、菱地所など好業績の出た銘柄が上げた。三井住友FGや三菱UFJなど銀行株が上昇。KDDIやアステラス、三井不も買われた。半面、野村や富士重、ホンダなどが下げた。東証2部株価指数は反発。石井表記、Jトラスト、AGCapやSタカミヤが上げた。半面、浜井産、三社電機や技研製が下げた。





新興株9日、ジャスダック小幅反発 マザーズは年初来安値更新

9日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3営業日ぶりに小幅ながら反発した。大引けは前日比9銭(0.00%)高の1967円60銭だった。値ごろ感からの買いが相場を支えた。午後に入ると、週末を前に当面の利益を確定する売りが目立ち、伸び悩んだ。2014年3月期の決算発表が佳境に入り、業績発表を手掛かりとした売り買いが目立ったものの、相場全体の盛り上がりは欠けた。スマートフォン向けゲームやロボット関連として個人投資家の注目度が高い銘柄は売られた。ジャスダック市場の売買代金は概算で596億円と前日を下回った。売買高は1億34万株。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20は3日続落した。エスクロAJやマクドナルドが上昇。前日に決算を発表した日本通信は小幅高で終えた。半面、ゲームを手掛けるクルーズやガンホーが下落。菊池製作も売られた。東証マザーズ指数は3日続落し、4月30日以来5営業日ぶりに年初来安値を更新した。大引けは前日比3.03ポイント(0.43%)安の695.84。Fスターズが大幅に下落し、サイバーやフリービットも安い。半面、ディディエやFエスコが上昇した。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。