FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.21.Mon.23:53
21日 3月と13年度貿易統計 米景気先行指標総合指数
 21日は財務省が3月と13年度の貿易統計、日本フランチャイズチェーン協会が3月の全国コンビニエンスストア売上高を発表する。海外では、3月の米景気先行指標総合指数が発表予定だ。

【予定】(時間は日本時間、予定は変更される可能性がある)
▽8:50 3月と13年度の貿易統計(財務省)
     主要銀行貸出動向アンケート調査(日銀)
▽10:00 3月の白物家電の国内出荷実績(日本電機工業会)
▽14:00 3月の全国コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会)
     3月と13年度の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会)
     3月の13年度の粗鋼生産量(日本鉄鋼連盟)
     3月の民生用電子機器の国内出荷実績(電子情報技術産業協会)
▽15:30 米倉経団連会長が記者会見
▽その他 3月期決算=安川電
▽海外  香港市場が休場
     3月の米景気先行指標総合指数(23:00)
     3月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(22日7:00)





今日の株価材料(新聞など・4月19~21日)NY円、横ばい 
▽18日、欧米株式市場が休場
▽NY円、横ばい 1ドル=102円35~45銭 市場参加者少なく小動き

▽固定資産税など住宅の税負担増す 資材高響く、来年度から(日経)
▽三菱商(8058)とインド最大手、日本のIT事業統合 7月めどに(日経)
▽TPP日米交渉、実務者協議きょう再開 肉や乳製品が焦点(日経)
▽20代の8割が「LINE」利用 総務省、昨年調査(日経)
▽生保、価格競争の兆し ネット専業の値下げ、大手に波及 比較ショップ台頭(日経)
▽3メガ、協調融資躍進 アジアでシェア伸ばす(日経)
▽オリックス(8591)社長「再生エネ資産5000億円に」 環境・金融でM&A(日経)
▽トヨタ(7203)、3年で15車種超 北京自動車ショー開幕 ホンダ(7267)は初のHV現地開発(各紙)
▽日産自(7201)、中国200万台販売「来年達成」先送り(日経)
▽エーザイ(4523)、創薬技術研究施設を5倍に拡張 研究員も倍増(日経)
▽前田建(1824)、メガソーラー5~6カ所新設(日経)
▽ミニストップ(9946)、専用PB商品を200品目に倍増 今年度(日経)
▽中国、商船三井(9104)の運搬船差し押さえ 戦時賠償巡る訴訟で(各紙、以上21日)

▽自動車保険値上げ 2%程度、秋以降に 増税で経費増(日経)
▽大卒採用来春16%増 6年ぶり10万人超 小売り・建設伸び(日経)
▽日米、ウクライナで協議 首脳会談、共同文書発表へ(日経)
▽関西電(9503)、大飯再稼働、年内は困難に 耐震工事追加 再値上げ検討へ(各紙)
▽採用計画調査、中途7%増、製造業活発 JFE(5411)など上積み 世代交代に備え即戦力(日経)
▽マツダ(7261)、営業益上方修正 中期計画見直し、15年度2300億円(日経、以上20日)

▽中国、ハイブリッド車補助 現地生産1台25万円 大気汚染対策、トヨタ(7203)やホンダ(7267)攻勢へ(日経)
▽予防医療、新興国へ輸出 政府、がん検診など7ヵ国に(日経)
▽日米閣僚、合意至らず TPP関税交渉、事務協議継続へ(各紙)
▽原発技術、海外シフト 三菱重(7011)トルコ軸に 関連産業に恩恵大きく(日経)
▽アルバイト時給 上昇 3月0.6% 首都圏、1000円弱が定着(日経)
▽公的年金の運用委員長、米沢早大教授起用へ(日経)
▽アリババ米上場へ、フェイスブック越えか 調達額上振れ、2兆円規模 月内にも申請(日経)
▽タカラトミー(7867)、中国で低価格玩具 現地社と提携(日経)
▽賞味期限容器で延ばす クラレ(3405)3倍長く鮮度維持、洋缶HD(5901)プラ缶詰で3年間(日経)
▽イオン(8267)清涼PB1000品目 春夏用1割増、肌着、色や柄豊富に(日経)
▽ソフトバンク(9984)、スマホ新料金延期 ドコモ「定額通話」対応練る(各紙)
▽パナソニック(6752)、東南アジアに家電本社機能 現地向け商品企画(日経)
▽花王(4452)、日本紙(3863)など、男性用軽失禁用パッドを発売(日経)
▽日産自(7201)、国内シェア13%半ば目標 今期(15年3月期)、新型車がけん引(日経)
▽日電硝(5214)スマホに低反射ガラス(日経)
▽スズキ(7269)、小型車「ワゴンR」パキスタンで生産・販売(日経)
▽富士通(6702)、米にデータ拠点 要望きめ細かく対応(日経)
▽大口電力需要、0.5%増 昨年度、3年ぶりプラス 生産回復を反映(日経)
▽九州電(9508)、安全対策費積み増し 川内原発など1000億円(日経)
▽ダイハツ(7262)、一転最高益の見通し 14年3月期最終830億円、「軽」に駆け込み需要、インドネシアも販売好調(日経)
▽三井造(7003)、黒字幅拡大のもよう 14年3月期最終、負ののれん300億円計上(日経)
▽JX(5020)、石油製品の赤字拡大の見通し、14年3月期700億円 ガソリンが採算悪化(日経)
▽コーセー(4922)、経常39%増の見通し、14年3月期200億円(日経)
▽東京製鉄(5423)、5期ぶり最終黒字 14年3月期単独23億円(日経)
▽リソー教育(4714)、14年2月期最終26億円の赤字(日経)
▽ローランド(7944)、5期ぶり黒字 14年3月期最終4億8000万円(日経)
▽GW予約、明暗くっきり JR6社は3年ぶりマイナス、航空会社は羽田国際化追い風(日経)
▽暗号化ソフト欠陥で被害 三菱UFJニコス、894人の情報漏洩か(日経)
▽ミサイル部品輸出打診 三菱重(7011)に米企業、新原則で打診(各紙、以上19日)






東証大引け、小反落 終値3円安、薄商いで先物主導の売り

21日の東京株式市場で日経平均株価は小反落した。終値は前週末比3円89銭(0.03%)安い1万4512円38銭だった。朝方は前週後半以来続く自律反発の買いの流れを引き継いだほか、外国為替市場で円相場がやや円安・ドル高で推移したことから午前中は前週末比133円高の1万4649円を付ける場面もあった。ただ買い一巡後は上値の重さが嫌気され、手じまいの売りが優勢になった。日経平均先物6月物に比較的まとまった売りが出た。前週末に続き海外市場で休場もあり、薄商いだった。後場には「13時半からの5分程度に日経平均先物6月物に約2000枚の売りが出た」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)ことで前週末の終値を一時割り込んだ。その後も軟調に推移し、大引け間際の先物主導の売りにより安値引けした。市場では「市場参加者が少ない上、3月期企業の決算や米国企業の1~3月期決算を見たい投資家も多く、方向感が出にくい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の芳賀沼千里チーフストラテジスト)との指摘もあった。ただ、18日時点の25日移動平均(1万4493円)が下値抵抗線になっており、心理的な節目の1万4500円は終値で上回った。金利に関する規制緩和を巡る自民党の議論が伝わったノンバンク株など、個別の材料株にも物色の矛先が向かった。JPX日経インデックス400は反落。前週末比22.38ポイント(0.21%)安の1万655.42だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、前週末比1.97ポイント(0.17%)安の1171.40だった。東証1部の売買代金は概算で1兆3074億円と、18日に次いで今年2番目の薄商いだった。売買高は17億7902万株。東1部の値下がり銘柄数は970、値上がり銘柄数は664、変わらずは169だった。三井住友FGや三菱UFJ、みずほFGなど銀行株が下落した。三井不や菱地所など不動産株も安い。ファストリやファナック、ブリヂストンが下げた。トヨタ、マツダ、パナソニックなど主力の輸出関連銘柄は小高い。東証2部株価指数は5日続伸。Jトラスト、日鋳造や田淵電、ケミプロが上げた。半面、AGCap、アサンテやイマジカロボが下げた。




新興株21日、ジャスダックは4日ぶり反落 様子見姿勢強まる 

21日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反落した。大引けは前週末比2円76銭(0.14%)安の1983円52銭だった。ゲーム関連の一角など、売買代金上位の主力銘柄での下落が目立つ。今週以降本格化する主要企業の決算発表を前に個人投資家の様子見姿勢が強まり、売り優勢となった。ジャスダック市場の売買代金は概算で621億円と低調。売買高は1億1444万株だった。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20は続落した。日本通信やクルーズ、日本マイクロが下落した。一方、ウエストHDやセプテニHD、レカムは上昇した。東証マザーズ指数は反落した。大引けは前週末比4.22ポイント(0.57%)安の741.30だった。ホットリンクやアルチザ、サイバダインが下落した。一方、フリービットやアドウェイズ、ミクシィは上昇した。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。