FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.07.Mon.11:59
7日 外貨準備高、景気動向指数速報値
 7日は財務省が3月末の外貨準備高を発表するほか、内閣府が2月の景気動向指数速報値を発表する予定。IPO関連では西武ホールディングス(9024*J)の仮条件が決定する。
 海外では日本時間8日4時に2月の米消費者信用残高が発表される予定だ。

【予定】(時間は日本時間、予定は変更される可能性がある)
▽8:50 3月末の外貨準備高(財務省)
▽14:00 2月の景気動向指数速報値(内閣府)
▽15:30 米倉経団連会長が記者会見
▽その他 超長期国債先物取引、大阪取引所で再開
     日銀金融政策決定会合(8日まで)
     3月の携帯各社の契約件数
     安倍首相がアボット豪首相と会談(迎賓館)
▽海外  中国、タイ市場が休場
     インド総選挙投票開始(~5月12日)
     2月の米消費者信用残高(8日4:00)




今日の株価材料(新聞など・5~7日)3月の米雇用、19万2000人増
▽4日の米ダウ、159ドル安 ナスダックは2カ月ぶり安値
▽NY円、1ドル=103円台前半に上昇
▽3月の米雇用統計、非農業部門雇用者数は19万2000人増 失業率は6.7%

▽日豪EPA、大筋合意へ 牛肉関税20%台に 中小型車は即時撤廃(各紙)
▽NKSJHD(8630)傘下の損保ジャパンと日本興亜損保、クラウドに参入へ IIJ(3774)と組み(日経)
▽日本板硝子(5202)、スマホ向け新工場 ベトナムで130億円投資、10月から量産(日経)
▽三菱商事(8058)、港湾運営に参入 スペイン社に出資(日経)
▽ソフトフロント(2321)、ソフト開発でベンチャーに助言(日経)
▽IHI(7013)、長野に新工場 車ターボ、マザー機能強化(日刊工、以上7日)

▽三井物産(8031)など、東南アで石炭火力発電所 主要機器は東芝(6502)とIHI(日経)
▽東レ(3402)、エリーパワーに出資 蓄電池材料を拡販(日経)
▽安川シーメンスなど、小型電動船を開発 石垣島で採用(日経)
▽富士重(7270)、新型車「レヴォーグ」欧州で販売 来年メド、米国以外を開拓(日経、以上6日)

▽三菱重(7011)、18年ぶり最高益 15年3月期、営業26%増(日経)
▽政府、郵政株を来春にも売却へ 段階的に4兆円目指す(日経)
▽首相「外国人材活用を」建設・介護などで検討指示 人手不足、軽減狙う(各紙)
▽イオン(8267)、格安スマホ離陸 店舗の3割で予約完売 月内8000台到達へ(日経)
▽日欧EPA、日本は8割強撤廃で調整 関税交渉の大枠確認(日経)
▽電力自由化へ競争号砲 新電力200社に迫る 東電(9501)も参入、大手は越境販売(日経)
▽厚労省、薬ネット販売で規制品目決定(日経)
▽吉野家HD(9861)の14年2月期、減益予想から一転増益に 牛すき鍋がヒット(日経)
▽ファミリーM(8028)、カラオケ店に 第一興商(7458)と出店(日経)
▽キヤノンMJ(8060)、「触れる」仮想映像システムを開発 企業の製品開発に(日経)
▽大林組(1802)、風力・バイオマス発電に参入へ 3年で200億円投資(日経)
▽パナソニック(6752)、北米に新会社を設立 太陽光発電事業など(日経)
▽ニプロ(8086)、結核の検査キット輸出へ 薬の耐性、1日で判定(日経)
▽マーベラス(7844)、ゲーム開発人員 スマホ向け2.5倍に(日経)
▽トヨタ(7203)、農業向けに生産活動の管理システム開発 農業法人9社に提供(各紙)
▽ヤマト(9064)、宅配便16億個 ネット通販が伸び、昨年度過去最高(日経)
▽カシオ(6952)、電子看板に本格参入 三井住友銀から受注(日経)
▽JR東(9020)、ネット注文商品の駅内受け取りサービスを試験運用 7日から(日経)
▽日通(9062)、14年3月期の営業益25%増のもよう トラック部門がけん引(日経)
▽久光薬(4530)、15年2月期は6期ぶり営業増益へ(日経)
▽DOWA(5714)の14年3月期、経常益は28%増のもよう 廃棄物処理事業が伸び(日経)
▽大日本住友(4506)、14年3月期の純利益は99%増 北米での販売増で(日経)
▽オンワード(8016)、15年2月期の純利益は16%増の見込み(日経)
▽原発輸出、安全審査に穴 トルコ、アラブ首長国連邦(UAE)との原子力協定が衆院通過(各紙)
▽関電(9503)と九州電(9508)、東日本から電力融通へ 今夏、供給に限界(毎日)
▽東電への無担保融資再開へ 三井住友など主要取引銀(各紙)
▽三菱UFJ(8306)、中小企業への貸し出し専門子会社(読売、以上5日)





東証大引け、大幅続落 254円安、米株安や円高で 

7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落した。終値は前週末比254円92銭(1.69%)安の1万4808円85銭だった。前週末の米株式相場の大幅続落や外国為替市場での円相場の上昇をきっかけに、目先の利益を確定する売りが出た。日銀の金融政策決定会合の結果発表を明日に控えて、押し目買いの動きも限定的だった。シカゴ市場の日経平均先物6月物(円建て)の4日の清算値1万4875円が意識され、朝方から先物に売りが先行した。日銀があすまで開く金融政策決定会合で追加の金融緩和はないとの見方から、一部の投資家が「株価指数先物売り・円買い」を出したとみられ、日経平均は後場に前週末比300円安目前まで売り込まれる場面があった。市場では「ナスダックなど米国株の変調を背景に手じまいの売りが出た」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)との指摘があった。JPX日経インデックス400は続落。前週末比162.83ポイント(1.48%)安の1万860.89だった。東証株価指数(TOPIX)も続落した。東証1部の売買代金は概算で1兆6658億円、売買高は17億7871万株。東証1部の値下がり銘柄数は1513、値上がり銘柄数は216、変わらずは72だった。ソフトバンクやファストリ、ファナックなど値がさ株が大幅下落。トヨタやホンダ、マツダなど自動車株も下げた。三菱UFJや三井住友FGなど銀行株の下げも目立った。一方、第一三共やヤマダ電、大林組や参天薬が上昇した。東証2部株価指数は反落。Jトラスト、朝日インテクや田淵電が下落。半面、技研製やイマジカロボ、ケミプロなどが上昇した。




新興株7日、ジャスダックは7日ぶり反落 日本マイクロが下落

7日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は7営業日ぶりに反落した。大引けは前週末に比べ14円58銭(0.72%)安い2009円99銭だった。前週末の米株式相場の大幅下落をきっかけに投資家心理が悪化。新興市場の主力銘柄にも利益確定売りが波及した。半面、個別の業績改善につながるような販売動向や新サービス進出といった材料を手掛かりとした買いが目立った。ジャスダック市場の売買代金は概算で802億円と連日の1000億円割れ。売買高は1億7709万株だった。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20は続落した。日本マイクロやクルーズ、ガンホーが下落。半面、格安スマートフォンサービスを手掛かりに日本通信が上昇。第一興商も上げた。東証マザーズ指数は3日続落した。大引けは前週末比18.19ポイント(2.34%)安の760.81だった。DLEやコロプラが下落。半面、サイバダインが上昇。スマホゲームの利用者増を手掛かりにミクシィが大幅高となった。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。