FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.28.Fri.00:42
27日 対外・対内証券売買契約――10~12月期の米GDP確定値
 27日は対外・対内証券売買契約、2月の建設機械出荷額などが発表される予定のほか、2年物国債〔4月債〕の入札が行われる。IPO関連ではトレックス・セミコンダクター(6616*J)の公募・売り出し(公開)価格が決定する。
 海外では、13年10~12月期の米実質国内総生産確定値、米新規失業保険申請件数などが発表される予定だ。

【予定】(時間は日本時間、予定は変更される可能性がある)
▽8:50 対外・対内証券売買契約〔週間、指定報告機関ベース〕(財務省)
▽10:30 2年物国債〔4月債〕入札
▽12:00 2月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会)
▽その他 パナソニックの津賀一宏社長が事業方針発表
     友野鉄連会長が記者会見
▽海外  フィリピン中央銀行金融政策決定会合
     2月の英小売売上高(18:30)
     チェコ中銀が政策金利を発表
     南アフリカ中銀金融政策決定会合の結果発表
     13年10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
     米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
     2月の米仮契約住宅販売指数(23:00)



今日の株価材料(新聞など・27日)ダウ、反落で98ドル安
▽26日のダウ、反落 98ドル安 米景気の先行き警戒感がくすぶる
▽NY円、1ドル=102円00~10銭 前日比20銭円高・ドル安

▽セブンイレブン、駅にコンビニ500店 JR西日本(9021)と提携(日経)
▽自動車10社、今期の配当9000億円超 トヨタ(7203)は自社株買い3600億円(日経)
▽大ガス(9532)と西部ガス(9536)が火力発電で提携 電力自由化にらみ布石(日経)
▽豪首相、自動車関税撤廃の用意 日豪EPA妥結へ全力(日経)
▽ベネッセHD(9783)、会長兼社長に原田泳幸氏 原田氏はマクドナルド(2702)の会長には留任(日経)
▽政府、洋上LNG開発を支援 日本企業の参入後押し(日経)
▽農水産業、技術に活路 サカタタネ(1377)は病気に強い野菜開発(日経)
▽政府、ビッグデータをEUから移転可能に 活用へ法整備(日経)
▽日米欧、レアアース輸出制限で中国に勝訴 WTOが報告書(各紙)
▽2月の大雪での保険金支払い額2000億円に 国内風水害で10年ぶり規模(日経)
▽家電量販大手、4月の増税後もポイント「税込み」で付与 ヨドバシやビックカメラ(3048)は集客優先 対象縮小の動きも(日経)
▽ヤマトHD(9064)傘下のヤマト運輸、宅配便で遅延 取扱量が急増(日経)
▽全日空、外国籍の客室乗務員増員 16年度までに550人に(日経)
▽JAL(9201)、6年ぶりに国内線値上げ 平均1.5% 燃油費の上昇に対応(日経)
▽NTTドコモ(9437)、海外でLTE 携帯大手3社出そろう(日経)

▽三菱自(7211)、社外取締役に宮永氏 三菱重(7011)の社長迎える(日経)
▽新日鉄住金(5401)、車の軽量部品をインドから米へ輸出 拠点間で融通(日経)
▽関空、14年夏期の国際線の便数最多に 中国路線がけん引(日経)
▽オンワード(8016)、自社商品の古着販売 東京・吉祥寺に専門店(日経)
▽大同特鋼(5471)と物材機構、レアアース不要の磁石 高性能を実現(日経)
▽キヤノン(7751)、コンパクトデジカメ販売で3年ぶり首位 世界シェア(日経)
▽東電(9501)、原発事故の賠償基準を発表 避難解除後1年間は月10万円を継続(日経)
▽オルアバウト(2454)とカーコンビニ、個人間の中古車売買仲介で新会社(日経)
▽伊藤忠(8001)、ハワイ発祥の衣料品を販売 中国などアジアで(日経)
▽第一汽(9132)、優先株で100億円調達(日経)
▽富士急(9010)、さがみ湖へ絶叫マシンをシフト 富士山の世界遺産指定受けて(日経)
▽東急モールズ、「渋谷109」の全国展開を本格化 札幌などを検討(日経)
▽キリンビール、14年戦略で低アルコールの販売量8.4%増に(日経)
▽伊藤ハ(2284)、ベア月額1000円 13年ぶり実施(日経)
▽クラレ(3405)、来期は3年ぶり最高益の見通し 来期営業益570億円 車部品向け材料好調で
▽三和HD(5929)、今期営業益3割増の180億円に 住宅向け建材伸びる
▽日本オラクル(4716)、2013年12月~14年2月期は単体税引きで最高益 ライセンス販売が復調(日経)
▽OKI(6703)、来期は配当性向2割に 普通株主に配分強化(日経)
▽松田産業(7456)、来期の経常益4%増の52億円 貴金属の採算改善(日経)
▽ニプロ(8086)、劣後ローンで150億円調達 負債返済に(日経)
▽住友精化(4008)、今期の純利益55億円に 従来予想下回る(日経)
▽東エレク(8035)、東エレデバ(2760)の株式売却 持ち株比率33%へ(日経)
▽わかもと(4512)、今期は4期ぶり復配 期末配3円実施(日経)
▽ティアック(6803)、オンキヨー(6628)の株式を親会社の米ギブソンに売却(日経)
▽三井物(8031)、自社株3263万株を消却(日経)
▽アンジェス(4563)、第三者割当増資を実施(日経)
▽原発再稼働 規制委員会の審査優先は川内のみ 他原発は今夏困難(毎日)





東証大引け、大幅続伸 145円高、先物に海外投資家の買い

実質的に新年度相場入りした27日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸した。終値は前日比145円73銭(1.01%)高い1万4622円89銭だった。3月期末の配当権利落ちに伴う下押し要因を考慮した上げ幅は250円程度になる。後場に入り日経平均先物6月物などに海外機関投資家の買いが入ると、現物株も裁定取引に絡む買いで上昇に転じた。朝方、外国為替市場の円相場が1ドル=102円台前半と朝方に比べ円安に動いたことも買い安心感につながった。朝方は米株安など受け下落して始まった。前日に配当や株主優待の権利を確定した投資家の換金売りもあり、日経平均は前日比で250円下げる場面もあったが、1万4300円を下回る水準では押し目買いも入り下げ渋った。日経平均先物は方向感の無い展開が続き、日経平均の価格を下回る逆ざや状態も見られたが、前引けまでに逆ざやが解消すると、様子見に回っていた海外機関投資家などから先物に断続的な買いが入った。現物株にも先物との裁定取引に絡んだ買いが入り、日経平均は13時過ぎに上昇に転じた。市場では「前場の水準は配当などの権利落ちもあり割安な水準。海外勢が物色しやすい面があった。ただ、後場に急上昇したところを見ると、海外勢の中でも短期筋ではないか」(BNPパリバインベストメント・パートナーズの清川鉉徳取締役)との見方が出ていた。このほか、3月決算期末を控えたドレッシング(お化粧買い)が入ったとの指摘もあった。JPX日経インデックス400は4日続伸。終値は前日比43.49ポイント(0.41%)高の1万655.32だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、前日比4.83ポイント(0.41%)高の1176.90だった。東証1部の売買代金は概算で2兆4748億円、売買高は25億8396万株。東証1部の値上がり銘柄数は920、値下がり銘柄数は756、変わらずは99だった。ファストリ、ファナックなど値がさ株が上昇。トヨタやマツダ、ソニーなどが上げた。半面、三井住友FGや伊藤忠、任天堂が下落した。東証2部株価指数は続落。Jトラスト、田淵電やアグロカネシが下げた。半面、AGCapやケミプロ、日鋳造が上げた。





新興株27日、ジャスダック3日続落 1カ月半ぶり安値 マザーズは反発

27日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続落。大引けは前日比19円42銭(0.97%)安の1972円92銭だった。終値ベースで2月5日(1961円97銭)以来、ほぼ1カ月半ぶりの安値となった。マザーズ市場に前日上場した装着型ロボットの開発・製造を手掛けるサイバダインが急落し、新興企業株への投資意欲が冷え込んだ。菊池製作やハーモニックなどロボット関連への売りが膨らんだ。ジャスダック市場の売買代金は概算で840億円、売買高は1億871万株。主力銘柄で構成するJASDAQ-TOP20は反落。ガンホーやDガレージが下落。クルーズやいちごHDなどは上昇した。東証マザーズ指数は3日ぶり反発した。大引けは前日比10.76ポイント(1.49%)高い731.13だった。朝方は急落し、一時689.11と取引時間中として昨年9月11日(687.78)以来およそ6カ月ぶりの低水準を付けた。ただ、下値では押し目買いが入った。サイバーやアドウェイズ、コロプラが上昇した。一方、DLEやディディエは下落した。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。