FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.19.Wed.09:12
朝イチ便利帳・19日 2月の貿易統計――FRB議長会見

19日は財務省が2月の貿易統計を発表する。その他、黒田日銀総裁の講演などが行われる予定。
 海外では、米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表の他、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長会見などが行われる予定だ。

【予定】(時間は日本時間、予定は変更される可能性がある)
▽8:30 3月のQUICK短観
▽8:50 2月の貿易統計(財務省)
▽10:20 3カ月物国庫短期証券〔439回債〕入札
▽10:30 木内日銀審議委員が金融経済懇談会であいさつ(大津市)
▽11:00 2月の電力需要実績(電気事業連合会)
▽13:00 2月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所)
▽14:00 1月の景気動向指数改定値(内閣府)
     2月の粗鋼生産量(日本鉄鋼連盟)
     黒田日銀総裁が講演(都内)
     2月の民生用電子機器の国内出荷実績(電子情報技術産業協会)
     木内日銀審議委員が記者会見
▽14:30 2月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会)
     稲野日証協会長が記者会見
▽15:30 三村日商会頭が記者会見
▽16:00 山田JR東海社長が記者会見
▽その他 経済財政諮問会議(首相官邸)
     1月の全産業活動指数(経産省)
     東証1部上場=ジャパンディスプレイ(JDI)
▽海外  英中銀の金融政策委員会議事録(5~6日開催、18:30)
     2月の英失業率(18:30)
     佐藤日銀審議委員が講演(ニューヨーク、21:30)
     10~12月期の米経常収支(21:30)
     米エネルギー省の石油在庫統計(週間)(23:30)
     米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(20日3:00)
     イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長会見(20日3:30)
     12~2月期決算=KBホーム



今日の株価材料(新聞など・19日)Jディスプレ、1000億円投じ新工場

▽18日の米ダウ工業株30種平均は続伸 88ドル高 ウクライナ懸念が後退
▽18日のニューヨーク円は反発 1ドル=101円40~50銭 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表前に持ち高調整
▽ファストリ(9983)、Jクルー買収交渉が破談に(WSJ電子版)

▽ロシア、クリミア編入 プーチン大統領が条約調印 日米欧が制裁強化へ(各紙)
▽公示地価、三大都市圏で6年ぶり上昇 全国では下げ幅縮小(各紙)
▽中国の裁判所、強制連行の訴え受理 三菱マ(5711)や日本コークス工業(3315)を相手取り(各紙)
▽ローソン(2651)社長に玉塚氏 新浪氏は会長に(日経)
▽Jディスプレ(6740)、スマホ用液晶で1000億円投じ新工場 パナソニック(6752)の姫路工場の活用検討(各紙)
▽デンソー(6902)、エコカー向け基幹部品で初の米生産 三菱重(7011)は中国で増産(日経)
▽ユニプレス(5949)、日産自(7201)が持つ自社株をすべて取得(日経)
▽スマホ出荷マイナスに 今年の国内予想、新規購入減る(日経)
▽ファミリーM(8028)、冷食品目2.5倍に シニア・働く女性に的(日経)
▽旭硝子(5201)、環境配慮の新冷媒 エアコン向け、温室効果6分の1に(日経)
▽東芝(6502)、日立(6501)、伊藤忠(8001)がベトナムでETC設備を受注(日経)
▽日立(6501)次期社長の東原氏「営業利益率10%以上に」 次期中計、資源大手に重点営業(各紙)
▽東急リバブル、70歳まで雇用来月導入、JFE(5411)は65歳超(日経)
▽キリンビール、トルコで「一番搾り」 まず100店規模(日経)
▽コニカミノル(4902)など、有機EL照明量産相次ぐ 薄く曲がる新用途開拓(日経)
▽ソニー(6758)がコンセプト商品公開 壁・机などに4K映像(日経)
▽H2Oリテイ(8242)、中国人客向け銀聯で5%割引(日経)
▽クリレスHD(3387)、ラーメン店の運営会社を買収(日経)
▽三菱電(6503)やガイシ(5333)など増配企業の株高目立つ 株主配分姿勢を評価、期末接近で「権利」意識(日経)
▽ツガミ(6101)、純利益2.2倍の見通し 15年3月期、スマホ向け部材がけん引(日経)
▽横河電(6841)、自己資本比率50%の見通し 15年3月期、中計前倒しで達成(日経)
▽旭化成(3407)、6期ぶりに純利益最高 今期980億円 医薬品の契約で賠償金(日経)
▽日電子(6951)、営業益横ばい55億円の見通し 15年3月期(日経)
▽アスクル(2678)、純利益69%減 14年5月期、物流費用が膨らむ(日経)
▽ハブ(3030)、単独営業益最高の見通し 14年2月期単独、景気回復で客数伸びる(日経)
▽CFS(8229)、最終黒字4億円に上方修正 14年2月期単独(日経)
▽MV中部(8171)、純利益を下方修正 14年2月期(日経)
▽内海造(7018)、最終赤字21億円 14年3月期(日経)
▽SBIライフ(8998)、単独税引き益19%増 14年3月期8億円(日経)
▽住友ゴ(5110)、新興国増強 タイヤ生産、ブラジル15倍・中国4倍(日刊工)
▽牛丼、増税後の勝者は 大手、価格横並び崩れる(日経)



東証大引け、続伸 日銀総裁の講演内容巡る思惑で後場は乱高下

19日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前日比51円25銭(0.36%)高の1万4462円52銭だった。日銀総裁の講演内容を巡る思惑などから後場は株価指数先物主導で乱高下したが、ファナックやファストリなど値がさ株が買われ、高く引けた。終日値動きの荒い展開だった。前日の米株高を好感し、朝方は買いが先行したが、最近の上値抵抗水準となっている200日移動平均近辺で伸び悩むと次第に売りが優勢になった。後場の早い時間帯には軟調なアジア株や円相場の上昇を嫌気して下げ幅を100円あまりに広げる場面があった。ただ13時30分ごろからは断続的に日経平均先物6月物に数百枚単位の買いが入り、日経平均は切り返した。一時は上げ幅を200円超に広げたが、大引けにかけては戻り待ちの売りで急速に伸び悩んだ。市場では「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)など実体とはかけ離れた値動き」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテジスト)との声が聞かれた。JPX日経インデックス400は続伸。前日比2.28ポイント(0.02%)高の1万540.08だった。東証株価指数(TOPIX)は反落した。東証1部の売買代金は概算で2兆774億円、売買高は22億7712万株。東証1部の値上がり銘柄数は571、値下がり銘柄数は1082、変わらずは142だった。この日に新規上場したJディスプレの初値は公募・売り出し価格(900円)を大きく下回る769円だった。その後も終日安値圏で推移。終値は763円と初値を割り込んだ。KDDI、武田が上昇。ソニーや菱地所が上げた。半面、ソフトバンクやトヨタ、日立が下落。海運カルテルの課徴金納付命令が出た郵船や川崎汽が下げた。東証2部株価指数は反落。Jトラストや昭和飛、安永が下落。半面、インテリクスやコンテック、ジャムコが上昇した。




新興株19日、ジャスダック反落 売買代金は連日で1000億円割れ

19日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は反落。大引けは前日比4円35銭(0.21%)安の2032円98銭だった。前日の欧米株高を好感し、朝方は高く始まった。ただ薄商いのなか次第に売買代金の大きい銘柄への見切り売りが増え、指数を押し下げた。ジャスダック市場の売買代金は概算で991億円と、前日に続いて1000億円を下回った。売買高は8762万株だった。主力銘柄で構成するJASDAQ-TOP20は1.5%を超える下落だった。クルーズや日本マイクロ、サイバーリンが下落。半面、3DM、リプロセル、菊池製作が上昇した。東証マザーズ指数も反落した。大引けは前日比12.35ポイント(1.53%)低い793.62だった。サイバー、エナリス、コロプラなどが下落し、エンバイオH、Nフィールド、ナノキャリアは上昇した。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。