FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.13.Thu.12:13
今日の株価材料(新聞など・13日)ベア回答7割 米ダウが3日続落
▽12日の米ダウ、3日続落 11ドル安、ナスダック総合は5日ぶり反発
▽NY円、3日続伸1ドル=102円70~80銭 前日比25銭円高・ドル安

▽ベア回答7割に 業績回復追い風 経営者アンケート(日経)
▽クリミア編入なら制裁 G7首脳声明 「住民投票認めず」(各紙)
▽武器輸出 原則解禁へ 厳格審査が前提 防衛産業、量産効果で競争力(日経)
▽労働力人口1170万人減 女性・高齢者活用でも 2060年、内閣府試算(日経)
▽賃上げ 配分にメリハリ NTT(9432)や東芝(6502)、若手・中堅厚く(日経)
▽法人税改革、減税先行へ 政府税調が検討着手(各紙)
▽輸入野菜、勢力拡大中 天候不順で国産高騰(日経)
▽九州電(9508)の川内原発、優先審査きょう判断(各紙)
▽太陽光買い取り、設備確保半年内に 経産省方針(日経)
▽タイ、追加利下げ年2%に 混乱長引き景気減速(日経)
▽ライオン(4912)や花王(4452)、ネット専用の日用品用意(日経)
▽東電(9501)、新卒採用1.9倍に 15年度700人計画(日経)
▽帝人(3401)、炭素繊維複合材 エアバスに供給(日経)
▽三井化学(4183)、サウジでウレタン原料 現地公社と生産検討(日経)
▽NEC(6701)、フィリピンの地震・津波対策計測網受注(日経)
▽NTTドコモ(9437)、スマートフォン(スマホ)案内を外販(日経)
▽ソフトバンク(9984)孫社長、Tモバイル買収へ地固め(日経)
▽はるやま(7416)、青山商(8219)など紳士服クールビズ前倒し(日経)
▽サントリBF(2587)、宅配水の販売5割増(日経)
▽豊田通商(8015)、マレーシアの製缶大手を買収提案(日経)
▽グリコ(2206)、自販機アイス値上げ(日経)
▽モスフード(8153)、新商品など17種(日経)
▽ファミリーM(8028)、経常益最高のもよう 前期4期連続(日経)
▽ハイデ日高(7611)、12期連続で最高益のもよう 今期単独営業(日経)
▽エムスリー(2413)、100円増配 今期1300円(日経)
▽三井ハイテク(6966)、前期純利益25%増 28億円(日経)
▽コーヒー、2年ぶり高値 国際価格 ブラジル天候不順で(日経)
▽東芝(6502)技術流出で逮捕状 提携先元技術者に(読売)




東証大引け、続落 中国経済指標の低調が重荷 売買代金は今年最低
13日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比14円41銭(0.10%)安の1万4815円98銭だった。前日に400円近く下げた反動で高く推移する場面もあったが、米株安や為替の円高基調が重荷となった。中国の経済指標の発表を控えて様子見ムードも強く、東証1部の売買代金は1兆6317億円と今年最低だった。13日は昨年10月22日以来の薄商いとなり、先物の動きに振られやすかった。米ダウ工業株30種平均の下落や円相場の上昇が株価の重荷となったが、アジアの株価指数が総じて堅調に始まったことは買い安心感につながった。しかし、14時40分ごろから1~2月の中国の工業生産高や小売売上高、農村除く固定資産投資(設備投資や建設投資の合計)が相次いで市場予想を下回ったことから、嫌気した売りが膨らみ下げに転じた。JPX日経インデックス400は続落し、前日比31.60ポイント(0.29%)安の1万885.43だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、前日比3.48ポイント(0.29%)安の1203.46だった。東証1部の売買高は16億9824万株。東証1部の値下がり銘柄数は896、値上がり銘柄数は733、変わらずは161だった。午前中は上昇をけん引していたファストリが取引終了間際に下落。郵船や商船三井などの海運株が売られた。三井物、トヨタ、三井住友FGも下落。半面、傘下のアリババの米上場報道が出たソフトバンクは上昇。東エレク、日東電も上げた。公開価格を199円上回る1799円の初値をつけたDNCは1899円で引けた。東証2部株価指数は続落。日鋳造、不二サッシ、ラオックスが売られた。半面、Jトラスト、アサンテが買われた。



新興株13日、ジャスダック4日続落 主力株に利益確定売り
13日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4日続落。終値は前日比10円05銭(0.48%)安の2073円19銭だった。主力銘柄に利益確定売りが出て指数を押し下げた。午後に発表された中国の景気指標が市場予想を下回ったことで市場心理が悪化し、下げ幅を広げる場面もあった。ジャスダック市場の売買代金は概算で1154億円、売買高は1億1123万株。主力銘柄で構成するJASDAQ-TOP20は3日続落。クルーズや日本マイクロ、サイバーリンが下落。一方、ガンホー、USシステム、菊池製作などは上昇した。東証マザーズ指数は続落した。終値は前日比17.08ポイント(2.01%)低い833.87だった。アルチザ、アプリックス、アルデプロが下落した。ミクシィ、エナリス、シグマクシスは上昇した。




前場の日経平均株価は反発 69.44円高の14,899.83円として後場の15,000回復に期待を持たせて終えた。業種別株価指数は24業種が買われ、東証一部値上がり銘柄数は1049銘柄を数えた反面、値下がり銘柄数は566銘柄 今日は買いに軍配が上がりそうだが相変わらず売買が閑散 なので後場も注意深く見ないと・・・東証ではソフトバンク、ユニクロ、ファナック、トヨタ、富士重、マツダ、ソニー、パナソニック、富士通、コマツ・・・・軽い銘柄では、イーブック、ヤマダ電機、コナミ、木村化、ランドなどが買われてた・・・・・後場、日経平均株価は引け際に急落し続落となった。14.41円安の14,815.98円となり業種別株価指数は24業種が売られ、東証一部値上がり銘柄数は733銘柄まで減少し、値下がり銘柄数は896銘柄へと増加し逆転となった。終盤はどの市場も我れ先にと売り注文のオンパレード。 東証ではソフトバンクが残った残ったかな(笑)その他、ルネサス、イーブック、木村化、ヤマダ電機などが前場から何とか踏ん張って堪えた感じ。売買代金は今日も閑散で1.6兆円 マザースは朝から・・・ジャスダックは後場から・・東証一部は大引け間際から値を崩す。外資に利用されてるだけかな?


ジャスダックでは、ガンホー、USシステムズ、テックファーム、サイバーリンクス、オリコン、日本通信・・・マザースではアルチザ、ミクシィ、DDS、FS、シグマシクス、Jストリーム、Festep、BS・・などが堅調・・・・後場、ジャスダックでは、ガンホー、USシステムズ、インスパイアー、ウェッジHD、テックファーム、オリコン、日本通信・・・マザースではミクシィ、DDS、FS、シグマシクス、Jストリーム、Festep、BS・・などが堅調 オリコンは寄った後もボロ株の割に粘った方?寄った時間帯が時間帯だけに・・そんなものか?
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。