FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の東証

2009.12.02.Wed.11:35

...
↓ランキング お手数でもポチッとご協力お願い致します。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ



楽天カード またまたカード作成5,000円キャンペーン 作るだけで5,000円もらえてショッピングも出来る 上手にもらいましょう


東証大引け、5日ぶり反発 リスク回避一服、値ごろ感の買い

4日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶり反発。終値は前日比69円25銭(0.5%)高の1万4721円48銭だった。ウクライナ情勢の先行き不透明感を受けて安く始まったが、投資家のリスク回避が一服したとして外国為替市場で円相場が1ドル=101円台後半に下げ幅を広げ、投資家心理がやや改善。前日まで4日続落していたことで市場全体に値ごろ感が出ていたこともあり、押し目買いが入って次第に上昇に転じた。市場では「ロシアがクリミア半島を実効支配したことでウクライナ情勢は膠着する」(カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリスト)との見方もあり、株高を支援した。前場中の11時すぎには大証の日経平均先物の売買に障害が発生して取引を一時停止し、前引けにかけては様子見姿勢が強まったが、影響は一時的だった。現物株取引終了後の15時すぎの大証先物市場では、日経平均先物3月物が一段高し、上げ幅は250円を超える場面があった。インタファクス通信など海外メディアが「ロシアのプーチン大統領が軍事演習中の部隊に帰還を命じた」と相次いで伝えたことを受け、ウクライナ情勢を巡る緊張が和らぐとの見方が買い戻しを誘った。JPX日経インデックス400は5営業日ぶり反発。前日比61.91ポイント(0.6%)高の1万0892.99だった。東証株価指数(TOPIX)も5営業日ぶりに反発し前日比7.35ポイント(0.6%)高の1204.11だった。東証1部の売買代金は概算で1兆7706億円、売買高は19億3199万株。売買代金は3営業日ぶりに2兆円を下回り今年最低だった。東証1部の値上がり銘柄数は1310、値下がり銘柄数は377、変わらずは99だった。ソフトバンクやトヨタ、パナソニックが上昇。菱地所、住友不の大手不動産株、楽天やアステラスも上げた。ブリヂストン、NTTも高い。一方、JTやLIXILグが安い。野村やみずほFGの金融株の一角や日産自、ソニーが下げた。東証2部株価指数は5営業日ぶり反発。不二サッシや富フロンテクが買われた。半面、AGCapやゼニス羽田が売られた。










コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。